債務整理なら札幌市の公園通り法律事務所の弁護士にお任せください。

札幌市で債務整理を弁護士に無料相談なら

札幌債務整理相談室
<運営:公園通り法律事務所>

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
※地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

営業時間
9:30〜18:00
休業日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。
対応手続き
任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求

お気軽にお問合せください

011-222-2922

自己破産したら口座凍結されるってホント?対処法やその後について紹介!

「自己破産して銀行口座が凍結されると困る・・・」
「給与口座からお金を引き出せなくなるの?」

自己破産すると、国が発行する刊行物(官報)に掲載されてしまったり、警備員などの職業に就職ができないなどの制限がでてきます。

他にも携帯が契約できなくなってしまったり、借金は一切できなくなってしまいます。

それでは、今回は自己破産した場合、口座は凍結されてしまうのか?について解説していきます。

自己破産したら口座凍結されるの?

そもそも自己破産したら口座凍結されるのでしょうか?

結果からいうと、自己破産すると借り入れをしている銀行の口座は凍結されてしまいます。

「えっ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産は借金がカットされます。

お金を貸している側からすると貸したお金が回収することができないため、マイナスですよね。

なので、少しでも銀行側が銀行口座から残っている債権を回収したい!と思うため、銀行口座が凍結されるのです。

口座凍結はいつから?

口座凍結は弁護士に依頼してから数日以内には実施されます。

弁護士が自己破産の手続きを行うと弁護士から銀行などの債権者のところに受任通知がいきます。

その受任通知が届くとすぐに銀行側は口座を凍結するという運びになります。

早い!と思われるかもしれませんが、銀行側からしたら早く口座凍結しておかなければ口座の中からお金がすべて出金されてしまうことにもなるので早め早めに口座凍結するというわけです。

口座の凍結は一生ではありません。

1か月~3ヶ月ほどで解除されます。

解除された後には通常通り入金・出金ができるようになるので安心してください。

自己破産で口座凍結される対象は?

すべての口座が凍結されるというわけではありません。

借り入れしていた銀行の口座が凍結されます。

しかし、他の銀行口座は裁判所の破産管財人が調査を行ないます。

凍結はされませんが必ず調査が入ります。

その理由として、財産を本当に隠していないのか?を確かめるためです。

財産を隠して自己破産の手続きをしていた場合は罪に問われる可能性もあるので注意が必要です。

銀行口座が凍結される前にやっておくべきこと

銀行口座が凍結される前にいくつかやっておくべきことがあります。

給料の振込口座の変更

まずは給料の振り込み口座を変更しましょう。

給料が振り込みされない場合、自分たちの生活費もなくなってしまうのでとても困りますよね。

また、銀行によっては給料の入金もできなくなります。

その場合、会社が「なぜ入金できないの?」と疑問に感じ、自己破産がばれてしまうなんてことにもなります。

なので、事前に借り入れのない銀行口座に変更しておきましょう。

公共料金や家賃の引き落とし口座の変更

公共料金の支払いや家賃の引き落としを別の口座に変更しておきましょう。

口座が凍結されてしまうと自動引き落としができないという自体になってしまい、支払いが滞納になって電気や水道、ガスなどが止まってしまう場合もあります。

その場合は日常生活が送れないなんてことにもなるので注意が必要です。

クレジットカード支払いのある口座の残高はゼロに

自己破産手続きが開始すると、借金の返済はしてはいけません。

もし、返済してしまうとその返済先の債権者に不平等に返済したというように見られてしまいます。

なので、口座引き落としでクレジットカードが設定されている場合はクレジットカード料金が引き落としにならないように口座残高は0円にしておきましょう。

新しい口座は開設できる?

新しい口座を開設できるのか?が一番気になりますよね。

結果としては自己破産しても新しい口座は開設することができます。

銀行口座を作ったとしても借金として見られることはないためです。

銀行口座を作るときは信用情報などの調査もないので安心して作ってください。

自己破産中であっても新しい口座だって作ることができます。

借り入れしていない銀行口座であれば可能なので、必要であれば新しい口座を作りましょう。

また、公共料金の支払い先を移動させたり、給料の振り込み口座を移動させるためにも新しい口座を作るというのもいいでしょう。

ちなみに自己破産後にクレジットカードはブラックリスト状態になるため約10年は作れないと思ってください。

まとめ

今回は自己破産した場合口座は凍結されるのか?について紹介してきました。

自己破産した場合口座は凍結されます。

口座が凍結される前には給料の振り込み口座を変更しておいたり、残高をすべて出金しておく必要があります。

その他わからないことなどがあれば弁護士にしっかりと聞いてみるのが一番いいでしょう。

もちろんいつでもご相談は承っておりますのでお気軽にご相談ください。

ぜひ参考にしてみてください。

札幌市の債務整理はお任せください!!
弁護士が無料で相談対応

女性スタッフ

債務整理のご相談は札幌市、江別市・恵庭市・北広島市・岩見沢市にお住まいの方に対応しています。お気軽に無料相談をご利用ください。

住所:北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階

地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

お電話でのご予約・お問合せはこちら

011-222-2922
営業時間
AM9:30~18:00

Menu

アクセス

ADRESS
札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
ACCESS
地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

INFORMATION

営業日
営業時間

AM9:30~18:00
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。

休業日

土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業日外でも対応可能です。

お電話でのお問合せ・ご予約

011-222-2922

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

"));