債務整理なら札幌市の公園通り法律事務所の弁護士にお任せください。

札幌市で債務整理を弁護士に相談なら

札幌債務整理相談室
<運営:公園通り法律事務所>

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
※地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

営業時間
9:30〜18:00
休業日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。
対応手続き
任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求

お気軽にお問合せください

011-222-2922

借金を減額する3つの方法!
減額の仕組みとメリット・デメリットを比較

借金

返済が難しくなっている借金は、減額することで負担軽減ができます。

必ず返せると思っていたはずの借金でも、気が付いたら高額になっていて手が付けられなっていた、というケースは珍しくありません。

このまま借金の返済を続けていると、いずれ生活ができなくなってしまいます。

そういう場合のために借金を減額する方法があることを、ぜひ知っておいてください。

こちらの記事では、

  • 借金を減額する3つの方法
  • それぞれのメリット・デメリット
  • おすすめの借金減額方法

などについて解説します。

借金を減額する3つの方法

借金を減額する方法には、次の3つの方法があります。

①おまとめローン

②過払い金請求

③債務整理

①おまとめローン

おまとめローンは、2社以上の金融会社からお金を借りている、いわゆる多重債務に陥っている人が、借金を一本にまとめて借り換えをする方法です。

〇メリット

  • 利息の負担を小さくできる
  • 支払日をひとつにまとめられる

〇デメリット

  • 審査が厳しい
  • 返済が長引く
  • 再び多重債務になる可能性がある

②過払い金請求

過払い金請求は、払い過ぎた利息のある人が、金融会社に返還請求をすることです。

〇メリット

  • 借金以上の過払い金があるとお金が戻ってくる
  • 過払い金が借金総額に満たない場合でも借金が減額される

〇デメリット

  • 借金の完済から10年が過ぎると時効で請求できなくなる
  • 過払い金がいくら発生しているかの計算を自分でするのは難しい

③債務整理

債務整理は、借金の返済ができなくなってしまった人のために、返済総額を減額・免除したり、支払期日を伸ばしてもらったりする計画を立て直す手続きです。

〇メリット

  • 本人の支払能力に合わせてかなりの負担軽減ができる
  • 正式な制度なので安心できる
  • 弁護士に依頼すると借金の督促をストップさせられる

〇デメリット

  • 専門的な知識・経験が求められるので個人で行うのは難しい
  • ブラックリストに載ってしまう

借金減額の方法3つを比較

借金を減額する3つの方法のメリット・デメリットを表にまとめてみました。

 

メリット

デメリット

①おまとめローン

・利息の負担を小さくできる

・支払日をひとつにまとめられる

・審査が厳しい

・返済が長引く

・再び多重債務になる可能性がある

②過払い金請求

・借金以上の過払い金があるとお金が戻ってくる

・借金総額に満たない過払い金があると、借金が減額される

・借金の完済から10年が過ぎると時効で請求できなくなる

・過払い金がいくら発生しているかの計算を自分でするのは難しい

③債務整理

・本人の支払能力に合わせてかなりの負担軽減ができる

・正式な制度なので安心できる

弁護士に依頼すると借金の督促をストップさせられる

・専門的な知識・経験が求められるので個人で行うのは難しい

・ブラックリストに載ってしまう

これらメリットとデメリットを踏まえて、どの方法が自分に一番合っているかを次に詳しく見ていきましょう。

おまとめローンに一本化して利息を減らす

おまとめローンとは

おまとめローンは、2社以上からの借金をひとつにまとめることで負担を軽減できるサービスです。

おまとめローンで一本化することにより、毎月複数ある借金の返済日をひとつにまとめられるので、支払い忘れをなくし、借金総額の把握がしやすくなります。

また、利息の負担を抑えられるというメリットもあります。

なぜおまとめローンで利息が減るの?

今抱えている借金を、より金利の安い金融会社から借りて返済することを借り換えといいます。

借金の利息は、借りた金額が小さいほど金利が高く、金額が大きいほど金利は低くなります。

複数の借金をひとつに借り換えることで、1社への借金を高額にして、金利を低くすることができるのです。

おまとめローンのデメリットは?

複数あった金融会社への返済をひとつにまとめると、返済する件数がひとつになるので月々の返済も負担を小さくすることになるでしょう。そうなると、借金の完済が長引くことになってしまいます。

せっかくおまとめローンで負担を減らしたのに、そこでも返済が厳しくなって、再び他の金融会社から借金をしてしまうというケースも珍しくありません。

また、そもそも高額な借金をするわけですから、おまとめローンでは通常のローンよりも厳しく返済能力を審査されます。

向いている人

おまとめローンが向いているのは次のような人です。

  • 金利の高い金融会社3~5社から少しずつ借りている人
  • 借金の返済日が月にいくつもあって総額がわからない人
  • ある程度の安定した収入が見込める人

過払い金請求で借金総額を減らす

過払い金って何?

過払い金とは、支払いをし過ぎている利息のことです。

借金の金利は法律で上限が決められているのですが、多くの金融会社が法律の隙間を狙って違法な金利でお金を貸していた時代がありました。

違法な金利ですので、利息を支払っていた人は当然ながら返還してもらえる権利があるのです。

過払い金が借金の総額よりも高いと返還してもらい、低いと借金の総額から差し引いて減額してもらいます。

過払い金が発生する条件

まず自分に過払い金が発生しているか、おおまかに診断してみましょう。

過払い金が発生している条件は、主に次の2点です。

  • 2007年以前に上限金利を超えた利息を支払っている
  • 借金を完済してから10年以内である

2007年に多くの金融会社が上限金利を引き下げて適法な金利にしているので、それ以後の借金で過払い金が発生している可能はほとんどありません。

また、過払い金の請求は、借金を全額払い終わってから10年以内でないと時効によって権利がなくなってしまいます。

これら2つの条件を満たしていると、過払い金が発生している可能性が高いといえます。

過払い金がいくらあるのか計算する方法は?

過払い金が発生している可能性があったら、引き直し計算をして、利息をいくら払い過ぎていたかを計算します。

引き直し計算は複雑な計算式なので個人で行うのは難しいのですが、項目を記入するだけで自動計算してくれるサイトやソフトなどがインターネット上に無料で公開されています。

過払い金の計算は以下のような流れで行います。

①金融会社から取引履歴を取り寄せる

②過払い金計算サイトまたはソフトを利用

③取引履歴の情報から、指示に従って項目を入力

ただし、これらサイトやソフトでできる計算はあくまで目安です。実際の金額とは異なる可能性があるので、詳細は弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

借金の悩みは債務整理が安心

債務整理とは?

債務整理は、返済が難しくなった借金を減額・免除したり、返済期間を見直したりして借金の負担を減らす手続きです。金融会社と直接交渉したり、裁判所から法的に承認を得て行われたりします。

債務整理には3種類の方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

どれを選ぶべきかは、借金の総額や返済能力によってそれぞれです。

あなたに向いている債務整理の方法は3つのうちどれ?

①任意整理

任意整理は利息や遅延損害金を免除して月々の返済を見直す手続きです。

裁判所を介さずに直接金融会社と交渉して減額を認めてもらいます。

〇メリットとデメリット

<メリット>

  • 利息と過払い金が免除される
  • 手続きの負担が小さい
  • 整理したい借金を自由に選べる
  • 周りにバレにくい

<デメリット>

  • 借金の元本は全額返済しなければならない

〇ポイント

任意整理は、債務整理の中で最も手間がかからず、手続きも比較的早く終わります。

元本は全額返済することになりますが、利息と遅延損害金がなくなるため、返済した分だけ借金残額が減っていきます。

また、返済中のローンや、保証人のついている借金など債務整理することが不都合な場合は、それだけ外して任意整理する借金を自由に選ぶことができます。個人再生と自己破産では、これができません。

さらにブラックリスト入りの期間が個人再生や自己破産より短いなど、生活への影響も小さく、100万円程度の借金で、少額ずつでも返済できそうな人は任意整理を選択することが多いです。

②個人再生

個人再生は、最少額を100万円として借金を大幅に減額できる債務整理です。

裁判所を介して行われる手続きで、返済するための再生計画によって法律で減額が認められます。

〇メリットとデメリット

<メリット>

  • 100万円以上の高額な借金を大きく減額できる
  • 条件によっては車や持ち家を残すことができる

<デメリット>

  • 100万円未満の借金は減額されない
  • 計画通りに返済できないと、減額してもらった借金が元に戻る
  • 車や持ち家を残す場合、ローンを払い終わるまで返済計画は終わらない

〇ポイント

個人再生に特徴的なのは、条件次第では生活に必要な車や持ち家を残せる、というところです。

大幅に減額ができますが、100万円未満は減額されません。また、100万円までしか減らせないので、150万円ほどの借金だとメリットの少ない債務整理です。

注意しなければならないのは、個人再生で減額した借金を返済し終わっても、家や車のローンを返済できなくなると、ほかの減額してもらった借金も元の金額に戻ってしまうことです。

再生計画には車や住宅のローンも含まれているので、長期的な視点で考える必要があります。

③自己破産

自己破産は借金を全額帳消しにしてもらう手続きです。

得られるメリットが大きい分、裁判所を通した厳格な手続きが必要です。

〇メリットとデメリット

<メリット>

  • 借金が全額帳消しになる

<デメリット>

  • 車や持ち家などの財産が没収される
  • 遊びや買い物でできた借金は認められない
  • ある程度の年収があると裁判所から認められない
  • 一部就けなくなる職業がある

〇ポイント

自己破産は、最も有名な債務整理だといえます。

借金がすべて帳消しにしてもらえる反面、審査が厳しかったり、その後の生活に制限が加えられたりします。

また、ある程度の年収があると裁判所から認められません。

逆に、失業などで収入がない場合は、100万円以下の借金でも認められることがあります。

上記以外にも、債務整理の方法3つすべてに共通するデメリットがあります。

それは、ブラックリストに登録されることです。

債務整理をすると、どの選択をしても必ずブラックリスト入りすることになります。

ブラックリスト入りしてでも早期解決を

債務整理をするとブラックリスト入りは避けられません。

しかし、借金を放置するよりは、ブラックリスト入りしてでも早期解決することをおすすめします。

ブラックリストとは? 家族にも影響する?

よく「ブラックリスト」といわれていますが、ブラックリストというものが現実に存在するわけではありません。

信用情報機関に事故情報が登録されることを、俗に「ブラックリストに載る」といわれています。信用情報は、クレジットカードやローンなどの金融会社が、お客さんの返済能力を調べるために利用します。滞納や債務整理などがあると、事故情報として扱われてしまいます。

ブラックリスト入りすると、クレジットカードやローンの利用ができなくなります。

新規クレジットカードなどを申し込んでも審査に通らなくなりますし、既に使っているカードもいずれ使えなくなります。

ただ、「家族に影響する」ということがよくいわれていますが、借金の問題は個人だけのものなので、まったくそのようなことはありません。

また、「ブラックになると車が持てなくなる」というのも勘違いです。確かにローンを組むことはできなくなりますが、一括購入などによって車を持つことはまったく問題ありません。

債務整理の情報が登録される期間の目安

ブラックリストは、一定の時間が過ぎれば消されます。

どのくらいの期間、事故情報が登録されているかは、以下の通りです。

  • 任意整理:5年
  • 個人再生・自己破産:7~10年

ただし、こちらの期間はあくまでも目安です。

ブラックリストが消えたかどうかは、自分で情報を取り寄せなければわからないので、注意が必要です。

滞納すればブラックリスト入りする

ブラックリスト入りを避けたいという気持ちはわかります。

しかし、いずれ借金を滞納してしまうことになるのなら、早めに対策を取っておくほうが得策です。

借金は2ヵ月滞納すると、ブラックリスト入りします。

しかも、2ヵ月以上経過すると、借金を一括請求されたり、差押さえされたりするリスクも高まります。

このままでは滞納してしまうかもしれないという状況にある人は、放置しておくと危険です。

ただし、おまとめローンや過払い金請求では滞納のリスクが高くなっても対処できないので、返済が難しくなったときは債務整理の検討をおすすめします。

借金の悩みは弁護士に相談しよう

借金の問題は個人で解決しようとしても難しいといえます。

世の中には借金が返せなくて困っている人たちを助けるための制度が存在します。

ただし専門的な知識や経験が求められるため、借金問題の専門家である弁護士に相談するといいでしょう。

債務整理は弁護士の協力が必須

借金を減額するには債務整理が有効です。

法的に根拠を持っている制度なので、安心して利用できます。

債務整理には3つの方法がありますが、個人再生と自己破産は裁判所を介した手続きになるので、法律の専門的知識が必須です。弁護士に依頼しなければできないといえます。

任意整理は裁判所を介さずに直接金融会社と交渉する私的な手続きとなりますが、個人で交渉をしても金融会社はまともに取り合ってくれません。こちらに有利な条件を認めてくれなかったり、そもそも交渉自体に応じてくれなかったりします。

債務整理の経験が豊富な弁護士に依頼することで、交渉を有利に、スムーズに進めることができます。

弁護士に依頼するメリット

こちらに有利な内容で、交渉をスムーズに進められる、ということ以外にも、弁護士に債務整理を依頼すると具体的なメリットがあります。

  • 金融会社からの督促をストップできる
  • 手続き中は返済しなくてもよい
  • 過払い金の計算もしてくれる

弁護士に債務整理を依頼すると、金融会社に通知が送られて、手続きが完了するまで督促がストップします。

返済義務も一時的に止められます。債務整理によって返済計画を立て直している期間は返済しなくてもいいのです。その間に、専門家への依頼費用を用意することができます。

もし過払い金が発生している場合は、債務整理の手続きと合わせて過払い金の発生金額も計算してくれます。もし借金総額よりも多ければ、その時点で借金は完済となり、逆に返済請求が可能です。

弁護士に依頼した場合の費用の目安

債務整理を弁護士の依頼費用の目安は次のようになっています。

  • 任意整理:3~5万円(1社当たり)
  • 個人再生:25~45万円
  • 自己破産:20~40万円

上記金額はあくまでも目安です。

借金をしている会社の数や、財産の状況などによって手続きにかかる手間が異なるので、費用は一概にはいえません。

ただでさえ返済に困っている状況の中では、支払いできるような金額ではないと感じるかもしれませんが、分割に応じてもらったり、公的な機関が立て替えてくれたり、今すぐには支払えない人のための支払方法も用意されています。

債務整理を専門とする弁護士事務所では、無料相談を受け付けているところがほとんどです。

まずは気軽に相談し、自分に合った借金の減額方法のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

借金の返済で悩んでいる人は、減額することで解決を早めることができます。

借金の減額には3つの方法があります。

①おまとめローン

②過払い金請求

③債務整理

おまとめローンと過払い金請求は、いずれ借金を滞納してしまうリスクがあるため、債務整理で解決するのが最も安心です。

債務整理は専門的な知識や経験が求められるため、弁護士に依頼するのが一般的です。

弁護士に依頼すると、手続きがスムーズになるだけではなく、金融会社からの督促をストップできるというメリットもあります。

借金の問題は長引かせると利息が膨らんだり、多重債務に陥ったりして、解決が難しくなります。

債務整理を専門とする弁護士では無料相談を受け付けているので、早期解決のためにまずは相談することをおすすめします。

札幌市の債務整理はお任せください!!
弁護士が無料で相談対応

女性スタッフ

債務整理のご相談は札幌市、江別市・恵庭市・北広島市・岩見沢市にお住まいの方に対応しています。お気軽にご相談ください。

住所:北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階

地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

お電話でのご予約・お問合せはこちら

011-222-2922
営業時間
AM9:30~18:00

Menu

アクセス

ADRESS
札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
ACCESS
地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

INFORMATION

営業日
営業時間

AM9:30~18:00
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。

休業日

土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業日外でも対応可能です。

お電話でのお問合せ・ご予約

011-222-2922

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。