債務整理なら札幌市の公園通り法律事務所の弁護士にお任せください。

札幌市で債務整理を弁護士に相談なら

札幌債務整理相談室
<運営:公園通り法律事務所>

〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
※地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

営業時間
9:30〜18:00
休業日
土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。
対応手続き
任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求

お気軽にお問合せください

011-222-2922

自己破産すると就職できないの?
就職への影響について詳しく解説

公務員

「どうしても借りたお金を返すことができない」「財産もなにもない。頼る人もいない」

という場合、自己破産するしかなくなってしまいます。

しかし、自己破産には様々なリスクが伴います。

これから転職を考えている、就職を考えているという人は自己破産が就職に影響してくると困りますよね。

就職の際に自己破産がばれることはあるのでしょうか?

また、自己破産が就職に影響することはあるのでしょうか?

では、今回は自己破産が就職に影響してくるのかについて紹介していきます。

自己破産の代表的なデメリット

自己破産は、今ある借金を全てゼロにできるメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも発生します。

それではまず、自己破産の代表的なデメリットについて紹介していきます。

ブラックリストに掲載される

自己破産するとブラックリストに掲載されることになります。

ブラックリストというのは信用情報のことです。

この信用情報はクレジットカードの審査の時や銀行のローン審査の時にチェックされるものです。

ブラックリストに自分の自己破産した履歴が掲載されてしまうと、クレジットカードの審査はもちろんのこと銀行のローンも審査は通りません。

もし個人事業主になる場合はブラックリストに掲載されてしまうと業務をやる上で支障が出ることもあるので注意しましょう。

官報に掲載される

官報にも掲載されます。

官報というのは国が発行しているもので、会社によってはこの官報をチェックして、自己破産した人をリスト化しており、自己破産した人を雇用しないという会社も存在します。

一般の人で官報を毎回見ているという人はとても少なく、生活や仕事に支障が出るということもあまりないでしょう。

資格制限がある

自己破産の手続き中は特定の資格が取れなくなります。

もちろん自己破産の手続きが終了すれば資格は取得できるので安心してください。

しかし、取締約などの地位についている人であれば会社の委任契約が終了するなんてこともあります。

自己破産したら就職に影響するの?

一番気になるのは自己破産したら就職に影響するのか?ということですよね。

結果から言うと「自己破産しても就職や転職には影響はない」です。

上記でも紹介したように官報に掲載されるので官報をリスト化している会社であれば自己破産した人が分かってしまうので採用されないなんてこともあるのですが、そのようなことはほとんどなく、そもそも自己破産がばれるということも調べられるということもありません。

信用情報も金融機関などでしか見ることができないので安心してください。

また、就職する際に履歴書を提出しなければなりませんが、自己破産したことを履歴書に書く必要は全くありません。

自己破産は、プライベートなことでもあるので聞かれることもほとんどないでしょう。

自己破産が就職に影響するケース

上記で「自己破産は就職に影響がない」と言いましたが、例外もあります。

金融機関やその関連会社は信用情報を確認することができます。

なので、信用情報を確認されたときに自己破産はばれてしまい、採用されないこともあります。

公務員も同じです。

公務員に関しても官報を確認することができるので自己破産したことがばれてしまいます。

なので、採用に繋がらないこともあります。

バレたときはどうなる?

基本的に、自己破産が就職先や転職先にばれてしまうということはありません。

しかし、もし何かの理由でばれてしまった場合、会社に直接的影響がない場合は解雇の心配はありません。

自己破産したということはプライベートなことなので会社は介入できないためです。

しかし、警備員などの資格制限に引っかかる職種への就職・転職前は、事前に伝えておく必要があります。※面接時に聞かれますので、正直に答える必要があります。

面接時に噓をつき後に発覚すると、仕事ができないことになるため、必然と解雇されることになるので、自己破産手続き中の就職・転職先は、資格制限に引っかからないところを探しましょう。

自己破産後の採用面接での注意点

自己破産した後の採用面接で注意したほうがいいことがあります。

履歴書には書かない

自己破産したかしていないか?は履歴書に記載する必要性は一切ありません。

あくまで自己破産したのはプライベートのことです。

なので、一般企業であれば自己破産したか?していないか?というのはあまり気にしていないことなのです。

嘘はつかない

職業によっては自己破産したかしていないか?を聞かれることがあります。

特に金融機関やその関連会社、公務員などの採用面接は注意が必要です。

もし聞かれた時は嘘をつかずに自己破産していますと回答しましょう。

嘘をついてしまうと詐称となり、解雇は免れないので注意しましょう。

まとめ

今回は自己破産が就職に影響してくるのかについて紹介してきました。

自己破産は就職に影響はあまりありません。

職業によってはばれることもありますが、一般企業であればバレることはまずほとんどありません。

もし自己破産でお困りのことがありましたらご相談ください。

ぜひ参考にしてみてください。

札幌市の債務整理はお任せください!!
弁護士が無料で相談対応

女性スタッフ

債務整理のご相談は札幌市、江別市・恵庭市・北広島市・岩見沢市にお住まいの方に対応しています。お気軽にご相談ください。

住所:北海道札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階

地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

お電話でのご予約・お問合せはこちら

011-222-2922
営業時間
AM9:30~18:00

Menu

アクセス

ADRESS
札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
ACCESS
地下鉄西11丁目駅から徒歩5分

INFORMATION

営業日
営業時間

AM9:30~18:00
※ご予約いただければ営業時間外でも対応可能です。

休業日

土曜・日曜・祝日
※ご予約いただければ営業日外でも対応可能です。

お電話でのお問合せ・ご予約

011-222-2922

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。